元CAが教える、婚活でのマナー違反TOP5

30代からの大人の婚活は、マナーが必須!

20代では許されていたようなことも、30歳をこえると許されないことが日常で多くなってきます。

特に、婚活では「大人の女性としてのマナー」がきちんと身についているかどうか、男性はよく見ています。

お仕事ができる男性こそ、「周りの大切な家族、仕事仲間、友人に紹介しても恥ずかしくない女性か?」というところをチェックしているもの。

CAが婚活で評判がいいのは、マナーができている女性と思われていることが理由の一つになります。

 

今回は、CAが意識している婚活でのマナーで、絶対にしないように意識しているTOP5をご紹介したいと思います。ご自分と照らし合わせて、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

 

【マナー違反①】遅刻をする。

大人の女性として絶対にあってはならない「遅刻」。CAの職場でも、遅刻は絶対に厳禁で、1分でも遅れたら一気に信用をなくしてしまうほど厳しく指導されていました。

 

仕事ができる男性こそ、時間にシビアです。

 

交通機関などでも、いつ、何があるかわかりません。遅くても30分前には待ち合わせ場所に一度行き、場所を確認しておきましょう。

 

その後、お化粧室へ行って、身だしなみを整えます。座るところがなければ、カフェで少しだけ時間を潰しましょう。

 

あまり早く行き過ぎても、やる気が見え過ぎてしまって男性に引かれてしまいます。待ち合わせ場所に着くのは、2〜3分前くらいが理想です。

 

 

【マナー違反②】スマホを頻繁に触る。

最近増えてきている、スマホ中毒。メールやSNSが気になってしまって、人とお話しをしているのにずっと片手にスマホを持って触っている人がとても多いです。

 

その姿は、自分が思っている以上に、お相手に失礼。

お相手との時間はとっても貴重です。特に、忙しい男性は、お仕事の合間をぬって来られている人もすごく多いです。

 

人と会っているのにスマホを触るということは、目の前の人のことを雑に扱っているのと同じ。大人の女性として完全にマナー違反となります。

 

どんなにスマホが気になったとしても、人とお会いするときは、マナーモードにしてカバンの中にしまうようにしましょう。

 

【マナー違反③】露出の多い洋服を着ている。

男性の気を引こうと、露出の多いお洋服を着るのは、真剣な婚活ではNGとなります。もし、それで男性がアプローチしてくださったとしても、目的は結婚ではなく、遊び相手になってしまいます。

 

婚活は、「人」としての魅力を伝えるところ。

 

露出が多いお洋服は、それだけで軽い女性に見られてしまいますし、真剣な結婚相手として評価してもらえなくなってしまいます。

 

胸元は空きすぎず、スカートは膝丈のものを選ぶようにしましょう。

また、お洋服の色も、濃いピンクや強い黄色などあまり奇抜なものは避けるようにしましょう。

 

CAは通勤の時の服装も、会社で指定されます。CAの制服ではなく、私服での出勤ですが、露出は絶対にNG。スカートは必ず膝丈の長さのもので出勤しなければなりません。

 

そのまま、彼のご両親、職場の方へご紹介されても、男性が恥をかかないようなお洋服を選ぶようにされると、男性も落ち着いてお話しができるようになります。

 

 

【マナー違反④】興味のない話しには、嫌な顔をする。

「男性の話しはつまらない。」と、興味のない話しの時は、嫌な顔をしていませんか?基本的に、男性と女性の趣味は違うものです。そこをいかに楽しむか?が大人の女性として必須のマナーとなります。

 

女性が興味のあるお話しは、ダイエット、レストラン、美味しいもの、人間関係のことなどですが、男性は、仕事、車、数字、ゲーム、マンガだったりもします。人にもよりますが、ほとんどの場合は、男性と女性の趣味は違うもの。そこを楽しむつもりで会話をしましょう。

 

CAがよく婚活で意識していることは、興味のないことでも興味を持ち、「それってどいうものなのですか?」と質問をするということです。質問をすることで、「あなたの趣味に興味がありますよ。」とアピールをすることができます。

 

会話はおもてなしです。自分が話すよりも、お相手が話したいことを話題にするのが大人の女性としてのマナー。CAはお仕事中や婚活の時だけではなく、友人やCAの同僚と話すときでも常に意識しています。

 

皆様も、日頃から意識していくと自然とできるようになりますし、人間関係もよくなっていくはずです。

 

 

【マナー違反⑤】割り勘が当然という態度をとる。

男性が一番よく見ているところが、「お会計の際の女性の態度」です。この場面で、女性の素がわかると男性の中ではよく言われています。

 

女性からすると、「おごってもらって当然!割り勘する男性なんてありえない!」と思われる方も多いかもしれませんが、「おごってもらって当然!」という女性の態度を見ると男性は一気に冷めてしまいます。

 

どんなにお金がある男性だったとしても、それは、男性が汗水流して一生懸命稼いだ大切なお金。心が優しくて素敵な女性に使いたいと思うのが男性の本能。

 

マナーとは、思いやる気持ちを形にしたもの。しっかりと、「申し訳ない」という気持ちを行動で示すためにも、必ずお財布を出して支払う姿勢を見せましょう。

 

この時、あまりにも遠慮しすぎても男性は気持ちよくありません。「大丈夫ですよ。」と言われたら、満面の笑顔で、「ありがとうございます!次は私が支払います!」と伝えるようにしましょう。

 

このとき、女性のお財布もどのようなものかを見られています。CAがお財布で意識していることは、ブランドのロゴが大きく表示されていないもの、ポイントカードを入れすぎない、レシートは頻繁に取り出してスッキリさせておく。ということを心がけています。

 

 

マナーができれば、どんな男性ともうまくいく!

いかがでしたでしょうか?

30歳を過ぎてから、なぜか恋愛、婚活がうまくいかない・・・という方は、もしかすると気づかないうちにマナー違反の行動をしているのかもしれません。

 

20代では許されたことも、30代では許されなくなる部分がたくさんあります。しかし、それは大人の女性になるためのステップですので、一つ一つ意識していけば必ず素敵な男性に選ばれます。

 

ぜひ、日頃からCAになったつもりで意識して過ごしてみてくださいね。

 

 

森下 あさみ

北の田舎育ち。自分に自信がなく、新卒で入社した会社を退職し、上京。客室乗務員(CA)を目指すこと4年。リッツカールトンホテルにて勤務後、国内系客室乗務員として5年勤務。退職後、婚活マナー講師として活動。CA時代に何年もかかり、苦戦した婚活を生かし、誰でも婚活で選ばれるための講座を開催中。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP