婚活の食事マナーは大丈夫?男性が見ている5つのポイントとは?

https://konkatsutokyo.com/wp-content/uploads/2020/02/038A4B29-3BB0-4BDD-BDC1-A6A22042D4F9.jpg
まなみ

婚活で食事中、男性にどんなところを見られているのか、気になってしまって会話に集中できません><

https://konkatsutokyo.com/wp-content/uploads/2020/01/スクリーンショット-2019-09-09-0.54.56-1.png
森下あさみ

とってもお気持ちがわかります!私もテーブルマナーを学ぶまでは、自分の食事に自信がなく、婚活中は後悔した経験がたくさんあります。

今回は、男性が特に見ている食事のマナーについてご紹介しますので、当てはまるところがないかチェックしてみてくださいね^^

 

口に食べ物が入ったまま話し続ける。

婚活中の男性が一番引いてしまうポイントが、「口に食べ物が入ったまま話す」ということです。

くちゃくちゃ音を立てて、さらに、口の中まで見え、飲み込む間もなく話し続ける女性。

これは、どんなに美しい女性でも、一気に格が下がり、男性からみて「一緒にいて心地がいい相手」にはなれなくなります。

一番の原因は、「噛む時に口が開いている。」ということです。食べ物を食べる時は、一旦お話しを止め、食事に集中しましょう。

中には、「沈黙の時間があると気まずい!」と思ってしまい、とにかく話し続けてしまう女性も少なくありません。しかし、無言の時間はあってもいいのです。

会話が続かないから無言になっているのではなく、お食事をしっかりと味わっているから無言になっているので、全く問題ありません。

 

食事中、食べ物を頻繁にこぼす。

「前の彼とは、食事の仕方が汚いと言われて振られました」という生徒様がいらっしゃいました。食事のマナーは、今までの育ちがバレてしまうところ。

家庭でしっかりと教えてもらわなくても、大人になってから自分でちゃんと学んで意識しているかどうかが評価の対象になります。

お仕事ができる男性こそ、お付き合いで高級レストランへ行く機会が多いので、食事の仕方がキレイな男性が多いです。自分が意識しているところは、女性の仕草でも気になってしまうもの。

食べ物ををこぼしてしまう原因は、「家の中で汚れてもいいお洋服を着ている」ということがほとんど。絶対に汚したくない、真っ白で高級なお洋服を着ていたら、「絶対に落とさないぞ!!!」という意気込みでお食事をすると思います。

その意識をもって、毎日お食事をしているかどうか?が緊張する婚活の時に現れてきます。

まずは、家の中でも汚したくないちょっとお気に入りのお洋服を着て、お食事をしてみると習慣が身につきやすくなりますよ。

 

 

料理をほとんど残す。好きなものしか食べない。

婚活デートで、お料理をあまり食べないということは、男性からの評価があまりよくありません。女性は、「少食の方がか弱く見えて、可愛くみえるでしょう」と思われる方も多いのですが、実は逆。

男性は、美味しそうにご飯を食べる女性に惹かれます。男性にとって、女性を素敵なレストランへ連れていって、喜ばせたいということが一つのステイタス。頑張って高級レストランへ連れて行っても、ほとんど残したり、好きなものをちょっとつまむだけのような食べ方をされると、「この子におごってもあまりいい気分にならないな。」と思われるようになってしまいます。

そして、あまりお食事に誘ってもらえなくなってしまいます。

お食事は遠慮せずに、思いっきり食べて楽ましょう!

 

箸の持ち方が正しくない。

「お箸の持ち方に自信がないんです><」という女性も多いのではないでしょうか?和食のテーブルマナー講座もたくさん開催してきましたが、毎回3~5割くらいの方が正しくお箸を持つことができていませんでした。

20代までは許されてきたかもしれませんが、30代になってもできていないと、周りから白い目で見られることも多くなります。また、婚活では、直接言われなくても、そこが原因で振られてしまうということもあるくらい、その人の印象を大きく左右してしまう部分でもあります。

 

今では、「エジソンのお箸」という、大人用で正しくお箸の持ち方を直すことができるお箸も販売されています。「これで直しました!」という生徒様もいらっしゃったくらい、とても使えると思いますので、ぜひ、試してみてくださいね。

 

エジソンの箸

 

一番のマナー違反は、「声が大きい。」

高級レストランでは、絶対にNGなのが「大きな声で話す」ということです。高級レストランでは、お互いが迷惑をかけないように、一緒にお食事をしている人だけに聞こえるような声のボリュームでお話しをしています。

そのため、レストランは満席なのにものすごく静か。ということはよくあるのです。

居酒屋だと、逆にみんなが声が大きいので、さらに大声で話さないと聞こえない!ということがよくあると思います。

レストランによって、声のボリュームを調整できるかどうかもマナーの一つです。高級レストランへ行き慣れていないと、つい、いつもの居酒屋のノリで大声でお話しをしてしまったりしてしまいますので、日頃から、ランチでも静かなレストランを選んで慣れておくようにしましょう。

 

まずは、自分の食事中のマナーを鏡で見てみましょう!

いかがでしたでしょうか?

当てはまっていた部分がある方は、今日から意識していけば大丈夫です!

自分の習慣を変えるには、まずは、自分で自覚をするということ。

家の中で、鏡で自分のお食事をしている姿をチェックしてみてください。

実は、すごい口を開けて食べていたり、猫背、怖い顔、肘をついている。などいろんなことに気づくことができます。

その姿が、男性から見たあなたの印象です。

自覚をすることができれば、あとは改善していけばいいので、ぜひ、試してみてくださいね^^

 

森下 あさみ

北の田舎育ち。自分に自信がなく、新卒で入社した会社を退職し、上京。客室乗務員(CA)を目指すこと4年。リッツカールトンホテルにて勤務後、国内系客室乗務員として5年勤務。退職後、婚活マナー講師として活動。CA時代に何年もかかり、苦戦した婚活を生かし、誰でも婚活で選ばれるための講座を開催中。

関連記事

PAGE TOP